MENU

薄毛や抜け毛に関する界面活性剤や筋トレなど3つの噂を検証してみると

薄毛の原因

 

整髪剤(ワックス)を使うと薄毛になる?

 

よくワックスを使うと整髪剤に含まれている界面活性剤が
髪の毛の生成に欠かせないタンパク質を奪い

 

徐々に髪の毛を細くしてしまうと言われておりますが
それは全くのウソでそんなことはないんです。

 

界面活性剤で髪の毛が細くなることはありません。

 

ただし、長時間ワックスを付けたままにしていると
髪の毛ではなく頭皮の環境を悪化させてしまう恐れがあります。

 

ですので、ワックスを付けたら
その日のうちにしっかり洗い流すことが大事なんですね。

 

筋トレをすると男性ホルモンが増えて薄毛を進行させる?

 

筋トレをすることで男性ホルモンが増えて
薄毛を進行させるという噂を聞いたことはないですか。

 

しかし、この噂もウソですので安心してください(笑

 

なぜなら、筋トレをすることで確かに男性ホルモンは増えますが
筋トレによって増えた男性ホルモンは良性のホルモンと言われていて

 

決して薄毛を進行させる悪性の男性ホルモンではありません。

 

良性と悪性の男性ホルモンは全く別物なんですね。

 

筋トレによって増えるのは良性男性ホルモンなので
安心してトレーニングを行っていきましょう。

 

ですが、どうしても気になるというあなたは・・

 

ザスカルプ5.0cを使用することで悪性男性ホルモンの分泌を
食い止めることができるので一度試してみるとよいですよ。

 

豆乳を飲むと薄毛に効果的ってホント?

 

豆乳が薄毛対策に効果的であるというこの噂
これもよく聞きますがこれはホントの噂なんですね。

 

豆乳に多く含まれているのが
女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンになります。

 

イソフラボンには薄毛の原因である
悪性男性ホルモンを抑える働きがあるといわれています。

 

ただ、豆乳は人によって飲みにくいという方もいますが
最近では飲みやすく改良された商品も販売されていますので

 

特に男性には豆乳を飲むという習慣がないかもわかりませんが
薄毛対策のために習慣づけてみるとよいでしょう。